Java Joe

カナダで暮らすギター好きなオヤジのブログ ☆ since 2012

BOSTON "Don't Look Back"

 

f:id:Joe-009:20210121033113j:plain


みな様ご存じの名曲、ボストンの“Don't Look Back”であります。
いつかはやってみたいと永年想い続けて早数十年。
やっとカバーすることが出来ました。

この曲、色々な意味でスゴいですわな。
計算し尽くされた感のあるメロディ、構成、Vo&コーラスの美しさ。
そしてギターの音とアレンジ!
インパクト大なカッティング、メロディアスなソロ、これ以上ないという位の完璧なハモリと、それらを心地良く奏でる独特な音。
これはもうロックの歴史に残る名曲であります。

そんな曲をカバーするとなれば、レスペクトの意を込めてオリジナルの忠実な再現を目指すしかない。
そう意気込んで取り組んでみた。・・・まぁ意気込みだけは。


歌ってくださったのはG Forceさんです。
G Forceさんには無茶振りしてしまったようで申し訳なかったです。
やっぱコレ、キーが高過ぎ。
でも、音作りには拘りたいし、キーを下げて曲の雰囲気が変わるのは避けたいし、と言うことでチューニングで対応できる半音下げで歌って頂きました。

無理難題を押しつけてしまったにも関わらず、G Force、正確なピッチで歌ってくださいました!
ちゃんと高音も出てる。スゴい!
この曲の特徴であるハーモニーの美しさも完璧に再現! 素晴らしい!
G Forceさんに歌って頂けてホント良かったです。

で、ギターの音作りに関しては色々と試行錯誤を。
この曲やるには、あのトム・ショルツの音、ロックマンを使った音が必要不可欠なのですな。
当初、Kemper ProfilerかFractal AXEの、ロックマンを再現したプリセットを使うつもりだったのだが、使ってみるとソロは良い感じでも例のカッティングが何か違う・・・

他にもロックマンの音を再現したモノはないか探したら、ちょっと前に出たAmpliTube“Joe Satriani”にロックマンX100のシミュが入っていることが分かりまして、思わず手を出してしもうた。

f:id:Joe-009:20210121033357j:plain


コレが結構良い雰囲気で、それ使うことに決定。
ソロ&アルペジオにも全部AmpliTubeのロックマンX100を使いました。
ギターはソロにPRSのMcCarty594、それ以外はJames Tylerを使用。

ミックスにもかなり時間をかけたのだけど、この曲、ギターのアレンジが見事だから、多少ラフなミックスでもキレイに聞こえちゃいますよね。
その分、気は遣ったけど、長年憧れたあの感じを再現出来てとってもハッピーな作業でした。
・・・ま、再現出来たと言えるかどうかは別問題だけれども。

結局一番大変だったのは、冒頭一発目のソロだったりする。
ベンドダウン気味に入って即アップ、そしてまたダウン。微妙な音程をキープするのが難しい。
更にその後のベンド&ビブラートも絶妙なタイミング。
更に更にその後の3連符もどき。
変則的に弾いてるのだろうけど、なんかミスしてるようにも聞こえる微妙な速弾き。

それらのニュアンスをちゃんと再現しないと、冒頭からどスベり間違いなし。
なかなか弾けなくて、たぶん50回くらい弾き直したんじゃないだろうか。
それでもまだ何か違う気がする・・・。
スミマセン、どうかコレで勘弁してやってください。

ギタリスト個人のフィーリングが色濃く反映されてるフレーズって、聞く分にはカッコ良くて好きなんだけど、コピーするのはホント苦手だす。



これでまたバケットリストの1曲をチェックすることが出来申した。
協力してくださったG Forceさんには感謝の念が尽きませぬ。
本当にありがとうございました。
いやぁ~今回もまた楽しいコラボでありました。


ブログランキング参加中です。
良ければクリック願います。
(ランキングページに飛びます)

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村